AL-T

ALシリーズ作業テーブル
TABLES FOR AL SERIES LASERS

 

AL-T Basis

AL-T Basisは、様々な種類のマテリアルをフレキシブルに加工したいがプログラミング溶接は必要ない場合に最適です。リゾネーター・ホールダーは360度回転、リゾネーター本体はスライド可能です。

 

AL-T Basis C

 

AL-T Basis Cは、アルファレーザーAL-Fシリーズ用の作業テーブルです。テーブルは加工プレート月、またはなしが選択できます。溶接プロセスは、ジョイスティックによるマニュアル・半自動・自動の3つのモードから選択可能です。

 

AL-T500

AL-T500 は、非常に安定性が高く量産に適しています。溶接作業はジョイスティック操作、半自動、そしてWINLaserNCソフトを使用した自動運転が可能です。

外形寸法

 

AL-T Basis

AL-T BasisC

AL-T 500

幅×奥行き×高さ

950×1250×850mm

幅×奥行き×高さ

950×1250×850mm

幅×奥行き×高さ

1200×1360×1260mm

重量

230kg

重量

230kg

重量

550kg

取り付けプレート(幅×奥行き)

800mm×740mm

取り付けプレート(幅×奥行き)

800mm×740mm

取り付けプレート(幅×奥行き)

600mm×475mm

溶接ワーク重量

最大100kg

溶接ワーク重量

最大100kg

溶接ワーク重量

最大400kg

作業領域

AL-T Basis

 AL-T BasisC

 AL-T 500

マシーン軸

X,Y,Z-回転軸はオプション

マシーン軸

X,Y,Z-回転軸はオプション

マシーン軸

X,Y,Z-回転軸はオプション

ムービングスピード(X,Y,Z)

最大25mm/s

ムービングスピード(X,Y,Z)

最大25mm/s

ムービングスピード(X,Y,Z)

最大25mm/s

ムービング領域(X,Y,Z)

400×210×300mm

ムービング領域(X,Y,Z)

400×210×300mm

ムービング領域(X,Y,Z)

490×400×350mm(Zは500mmに拡張可能)

 

外部接続

AL-T Basis

AL-T BasisC

AL-T 500

電源

200×240V/50-60Hz/16Aまたは3×400V/50-60Hz/3×16A(レーザーシステムに依存)

電源

電源はレーザーシステムから

電源

200×240V/50-60Hz/3×16Aまたは3×400V/50-60Hz/3×32A(レーザーシステムに依存)

集塵

外部

集塵

外部

集塵

組み込み式(H14フィルター)または外部

操作

ジョイスティック、またはマルチファンクション・フートスイッチ

操作

ジョイスティック、またはマルチファンクション・フートスイッチ、またはレーザーシステムのタッチスクリーン

操作

ジョイスティック、またはマルチファンクション・フートスイッチ、またはWINLaserNCソフトウェア

 

AL-T Basisオプション

水平から垂直までの回転のための回転軸モジュール/チルト可能。クランパーつき。溶接ワークを任意の位置に位置決めするマグネット・ワークホルダー。
リゾネーター用チルトヒンジ。これにより下へ30度、上へ10度傾けることができる。

 

AL-T BasisCオプション

水平から垂直までの回転のための回転軸モジュール/チルト可能。クランパーつき。溶接ワークを任意の位置に位置決めするマグネット・ワークホルダー。作業プレートなしの供給可能。テーブルはストロークピラートプレートなしの供給可能。

AL-T 500オプション

水平から垂直までの回転のための回転軸モジュール/チルト可能。クランパーつき。溶接ワークを任意の位置に位置決めするマグネット・ワークホルダー。
LAfetR-プログラミング可能なレーザー溶接ワイヤー・プッシュシステム。量産用自動運転のためWIN LaserNCソフトウェア。